株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物概況:大幅反落、日経平均2万円割れでリスク回避の動き波及  5月14日15時53分

14日のマザーズ先物は前日比24.0pt安の798.0ptと大幅に反落して終了した。高値829.0pt、安値は795.0pt。取引高は4345枚。

本日のマザーズ先物は、前日の米国株安や日経平均の2万円割れが投資マインドを悪化させ、利益確定売りが優勢となった。前日の米国市場は、景気の先行き不透明感から売りが膨らみNYダウは大幅に続落した。日経平均も下落して始まったことから、マザーズ市場にも売りが先行して始まった。ただ、好業績銘柄などを中心に買いが入り、マザーズ先物はプラスに転じる場面もあった。しかし、午後に入ると、時間外取引での米国株先物が下げ幅を拡大させ、これが日経平均の2万円大台割れにつながったため、市場では「このところ続伸基調をたどっていたマザーズ先物にもリスク回避の売りが膨らんだ」との声が聞かれ、一時前日比27.0pt安の795.0ptまで値を下げた。終値ベースでの800pt割れは8日以来約1週間ぶり。ただ、好業績銘柄などへの物色意欲は引き続き強く、「値幅調整が一巡すれば早期に出直ってこよう」との指摘も出ていた。
本日のマザーズ市場では、第1四半期の大幅な減益が嫌気されたピクスタ<3416>が前日比400円(-24.68%)安の1221円とストップ安まで売られ、第1四半期の営業赤字が拡大したシノプス<4428>は前日比455円(-20.53%)安の1761円と大幅安となった。また、アズーム<3496>、ADWAYS<2489>、サイバーバズ<7069>も大幅に下落した。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »