株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 ディジタルメディアプロフェッショナル、テルモ、資生堂など  5月14日07時32分

銘柄名<コード>13日終値⇒前日比
ネットマーケティング<6175> 629 -71
1-3月期は営業減益で通期予想を未定に。

アルヒ<7198> 1364 -69
1-3月期は税引き前2ケタ減益に。

ウシオ電機<6925> 1083 -98
前期の減益決算や減配を嫌気。

TOKYO BASE<3415> 346 -34
リバウンド一巡感から戻り売り。

インプレスホールディングス<9479> 146 -15
12日に好決算発表も材料出尽くし感。

インフォマート<2492> 821 -39
12日にかけての株価上昇から戻り売り優勢に。

UTグループ<2146> 1778 -111
生産活動再開期待の動きにも一服感。

SANKYO<6417> 2905 -165
1-3月期の大幅減益決算をネガティブ視へ。

東京製鐵<5423> 725 -44
2月の窓埋めで戻り達成感も。

トヨタ自動車<7203> 6384 -143
今期大幅減益見通しを引き続きマイナス視。

資生堂<4911> 6342 -279
第1四半期大幅減益で通期ガイダンスは取り下げ。

テルモ<4543> 3734 +195
新型コロナへのパルスドキセノン紫外線の効果確認で。

太陽誘電<6976> 3170 -40
第1四半期は想定下回る大幅減益見通しに。

山喜<3598> 213 +50
大幅な業績上方修正を材料視。

コーア商事ホールディングス<9273> 1536 +300
業績・配当予想を上方修正。

児玉化学工業<4222> 343 +80
目立った材料もなく仕掛け的な動きか。

Jトラスト<8508> 278 +49
第1四半期の好決算発表を手掛かりに。

ダイトーケミックス<4366> 622 -43
「アビガン」中間体の供給発表を引き続き材料視。

川本産業<3604> 1400 -158
決算発表を受けて材料出尽くし感強まる。

アドウェイズ<2489> 339 +53
21年3月期の大幅増収増益見通しを材料視。

マクドナルド<2702> 5560 +90
利食い先行も増収の第1四半期決算を受けた評価の動きで底堅い。

ディジタルメディアプロフェッショナル<3652> 4140 +545
20年3月期の営業利益は前期比の約2.9倍の0.82億円で着地。

歯愛メディカル<3540> 3100+500
20年12月期第1四半期の営業利益は前年同期比46.9%増の7.66億円で着地。

イグニス<3689> 1579 +59
「INSPIX WORLD」の開発パートナーとしてバンダイナムコアーツなどの参画が決定。

リボミック<4591> 471+80
新型コロナウイルス感染症治療用アプタマー開発の開始について発表。

ニッパンレンタル<4669> 742+100
20年12月期第1四半期の営業利益は前年同期の約2.1倍の1.51億円。

ピアズ<7066> 1919+400
20年9月期の上期は大幅増収増益で着地。

スリー・ディー・マトリックス<7777> 408 +8
創傷治癒材「PuraDerm」の米国における適応拡大承認について発表。

ラック<3857> 1103 +93
21年3月期の営業利益見通しは前期比21.7%増の21.50億円で着地。







<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »