株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

TATERU---急伸、第1四半期の赤字幅縮小を受けて買い優勢  5月14日13時24分

TATERU<1435>は急伸。前日に第1四半期決算を発表、営業損益は2億円の赤字となったが、前年同期比では45億円の損益改善となっている。通期計画9.7億円の赤字計画は据え置き。新型コロナウイルスの影響による宿泊需要の落ち込みで、TATERU事業の売上は大幅減収となったが、KANRY事業が大幅増収増益となって業績を下支え。赤字縮小決算を受けての業績ボトムアウト期待などが先行する流れとなっている。


<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »