株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

TATERUが一時36%高、コスト構造改革奏功し第1四半期営業赤字は大幅縮小  5月14日13時11分

 TATERU<1435.T>が5連騰し、一時35.6%高の183円に買われた。13日取引終了後、20年12月期第1四半期(1~3月)連結決算を発表。営業損益2億100万円の赤字(前年同期47億400万円の赤字)、当期損益2億2700万円の赤字(同60億4500万円の赤字)と赤字幅が大きく縮小しており、これを好感した買いが流入している。

 新型コロナウイルス感染症の拡大による宿泊需要の落ち込みの影響を受け、新規スマートホテルの開発をストップしたことなどから、売上高は20億3500万円(前年同期比56.3%減)と大幅な減少を余儀なくされた。ただ、前年同期に計上した31億9800万円の在庫売却損がなくなったほか、IoTを活用した賃貸管理を行うKANRY事業でIoT賃貸住宅管理戸数の伸長による増収効果やコスト構造改革による販管費の削減が奏功した。

 なお、通期業績見通しは、売上高59億6200万円(前期比68.3%減)、営業損益9億7100万円の赤字(前期96億7100万円の赤字)、当期損益12億5600万円の赤字(同145億3600万円の赤字)の従来予想を据え置いた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=続落、米経済先行き警戒でリスク回避の売り
マツキヨHDが朝高後に値を消す、今期業績の減益予想に警戒感浮上
<個人投資家の予想> 05月14日 14時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »