株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=トーセ、大型タイトル開発が下期完了へ  5月14日10時01分

 トーセ<4728.T>は家庭用ゲームソフトの開発・制作の請負大手。足もとではスマートフォン向けゲームの開発売り上げやスマホアプリ「うたわれるものロストフラグ」のロイヤルティー売り上げが好調に推移している。

 こうしたなか、4月9日に発表した20年8月期第2四半期累計(19年9月~20年2月)の連結決算は、経常損益が1億3800万円の黒字と従来予想(8300万円の赤字)から大きく上振れて着地した。通期予想は従来計画を据え置いているものの、下期には家庭用ゲームを中心とした大型タイトルの開発が完了する見込みであることからゲームソフト関連などの売り上げが伸長する可能性がある。

 株価は3月13日につけた年初来安値572円を底に戻り歩調。25日移動平均線と75日移動平均線とのゴールデンクロスが視野に入るなどテクニカル妙味が高まっている点にも注目したい。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
SUMCO、ルネサスなど半導体関連安い、米経済への先行き懸念でSOX指数続落歩調◇
14日韓国・KOSPI=寄り付き1922.44(-17.98)
コムシスHDが続伸、150万株を上限とする自社株買いを実施へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »