株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 第一三共、デュアルタップ、ブロードバンドセキュリティなど  5月15日07時32分

銘柄名<コード>14日終値⇒前日比
不動テトラ<1813> 1319 -103
13日の後場に急伸の反動。

リコー<7752> 708 -59
東海東京証券では目標株価を引き下げ。

竹内製作所<6432> 1625 -120
13日までの上昇で戻り一服感も。

パーソルホールディングス<2181> 1250 -92
リバウンド一巡感で13日よりリバウンド優勢。

ソニー<6758> 6794 -275
前期業績は下振れ着地で戻り売り先行。

楽天<4755> 969 -32
第2四半期以降のコロナの影響に強弱観対立。

第一三共<4568> 8489 +378
高値更新で買い戻し圧力なども強まる。

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684> 4720 -230
今期業績ガイダンス非開示をマイナス視も。

デュアルタップ<3469> 464 +80
第3四半期累計経常益は通期計画超過へ。

大和<8247> 275 +34
大半の地域での緊急事態宣言の解除を手掛かりに。

恵和<4251> 1456 +91
第1四半期業績の高い進捗率を好感。

エリアクエスト<8912> 110 +17
通期業績下方修正も悪材料出尽くし感か。

ショクブン<9969> 292 -54
前期最終益下振れなどを嫌気。

富士ソフトサービスビューロ<6188> 334 -46
今期の実質大幅減益見通しをマイナス視。

ブロードバンドセキュリティ<4398> 1952+400
第3四半期の営業利益は前年同期の約4倍と絶好調、
初配当10円も評価で水準見直しへ。

ケアネット<2150> 1010 +150
第1四半期の営業利益は前年同期比52.8%増の1.89億円となり上期計画を超過。

シンデン・ハイテックス<3131> 1116 +150
21年3月期の営業利益見通しは前期比47.1%増の7.30億円に。

富士山マガジンサービス<3138> 1050+150
第1四半期の営業利益は前年同期の約2.4倍の1.04億円で着地。

メドピア<6095> 2199 +400
医師人材紹介事業の開始及びMHA社との業務提携について発表。
上期営業利益は前年同期比46.6%増の4.84億円で着地した。

ホープ<6195> 2222+400
非開示だった20年6月期の営業利益見通しは8.50億円~9.50億円と公表。

リバーエレテック<6666> 434+80
前期は下振れ着地となるも21年3月期見通しを評価する動きに。

ブティックス<9272> 1678+300
前期着地及び今期見通しを材料視。

ブロードバンドタワー<3776> 198 -44
20年12月期の営業損益見通しを一転赤字に下方修正。

シノケングループ<8909> 811 -76
大幅減収減益の第1四半期決算を嫌気。






<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »