株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米中対立は予断を許さない状況に発展しつつある  5月15日20時57分

 報道によると、トランプ米大統領は14日、米FOXビジネス・ネットワークとのインタビューで「中国には非常に失望した。なすがままに任せるべきではなかった」との見方を伝えたようだ。トランプ大統領は新型コロナウイルスを巡る中国の対応に失望しており、現時点で習近平国家主席との対話は望んでいないとの見方も伝えている。

 市場関係者の間では「トランプ大統領が新型コロナウイルスの世界的な大流行の原因は中国の対応がまずかったことにあるとの見方を変えない場合、米国と中国の対立が短期間で解消される見込みはない」との見方が広がっている。また、米国と中国との貿易・通商関係が断絶された場合、「中国からの5000億ドル規模の輸入額がゼロになることよりも大きな影響が米国経済に及ぶ可能性がある」との指摘も出ており、ウイルスの発生源などを巡る米中対立は予断を許さない状況に発展しつつあるようだ。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »