株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~ファナックなど全般冴えない、シカゴは大阪比20円安の20020円  5月18日08時03分

ADR(米国預託証券)の日本株はファナック<6954>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、資生堂<4911>、エーザイ<4523>、TDK<6762>、住友電<5802>など、対東証比較(1ドル107.06円換算)で全般冴えない。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円安の20020円。

米国株式相場は続伸。ダウ平均は60.08ドル高の23685.42ドル、ナスダックは70.84ポイント高の9014.56ポイントで取引を終了した。米国政府が中国通信機器最大手ファーウェイへの制裁強化を発表するなど米中対立激化が懸念されたほか、4月小売売上高が過去最大の落ち込みとなったことを嫌気して、大きく下落して寄り付いた。その後、5月のミシガン大消費者信頼感が予想外に改善したほか、NY州を始め経済活動の再開が一段と拡大される見通しとなり、緩やかに上昇に転じる展開となった。

15日のニューヨーク外為市場でドル・円は106円86銭まで下落後、107円37銭まで上昇して107円09銭で引けた。米中対立激化や米4月小売売上高が予想を下回り過去最大の下落率となったため、ドル売り・円買いに拍車がかかった。その後発表された米5月ミシガン大消費者信頼感指数速報値は、予想外に4月から改善。米3月JOLT求人件数も予想を上回ったほか経済活動再開の一段の拡大期待に見通しが改善し、米債利回りの上昇に伴いドル買いが再燃した。ユーロ・ドルは1.0789ドルから1.0851ドルまで上昇も1.0820ドルまで戻して引けた。

15日のNY原油先物6月限は大幅続伸(NYMEX原油6月限終値:29.43 ↑1.87)。


■ADR上昇率上位銘柄(15日)
<8515> アイフル 1.24ドル 266円 (8円) +3.1%
<6770> アルプス 21.82ドル 1168円 (19円) +1.65%
<6113> アマダ 36.5ドル 977円 (15円) +1.56%
<8306> 三菱UFJ 3.81ドル 408円 (4.1円) +1.02%
<3401> 帝人 15.58ドル 1668円 (16円) +0.97%


■ADR下落率上位銘柄(15日)
<7752> リコー 6.36ドル 681円 (-37円) -5.15%
<5802> 住友電 9.66ドル 1034円 (-50.5円) -4.66%
<6753> シャープ 2.53ドル 1083円 (-37円) -3.3%
<6723> ルネサス 2.52ドル 540円 (-18円) -3.23%
<5201> AGC 4.87ドル 2607円 (-65円) -2.43%


■その他ADR銘柄(15日)
<1801> 大成建 8.31ドル 3557円 (27円)
<1925> 大和ハウス 22.13ドル 2369円 (-21円)
<1928> 積水ハウス 16.58ドル 1775円 (-28円)
<2503> キリン 18.6ドル 1991円 (-7円)
<2802> 味の素 18.06ドル 1934円 (6円)
<3407> 旭化成 13.92ドル 745円 (-4.9円)
<3938> LINE 49.57ドル 5307円 (-23円)
<4523> エーザイ 69.25ドル 7414円 (-40円)
<4901> 富士フイルム 47.75ドル 5112円 (-16円)
<4911> 資生堂 60.19ドル 6443円 (-32円)
<5108> ブリヂストン 14.79ドル 3167円 (-21円)
<5802> 住友電 9.66ドル 1034円 (-50.5円)
<6301> コマツ 19.08ドル 2043円 (3円)
<6503> 三菱電 24.16ドル 1293円 (-7円)
<6586> マキタ 31.34ドル 3355円 (-20円)
<6645> オムロン 62.16ドル 6655円 (-15円)
<6702> 富士通 19.21ドル 10283円 (-137円)
<6723> ルネサス 2.52ドル 540円 (-18円)
<6758> ソニー 64.01ドル 6853円 (-12円)
<6762> TDK 87.41ドル 9358円 (-82円)
<6902> デンソー 17.3ドル 3705円 (-21円)
<6954> ファナック 16.17ドル 17312円 (-108円)
<6988> 日東電 24.84ドル 5319円 (-21円)
<7201> 日産自 6.82ドル 365円 (-4.5円)
<7203> トヨタ 116.89ドル 6257円 (8円)
<7267> ホンダ 22.94ドル 2456円 (3円)
<7270> SUBARU 9.87ドル 2113円 (-8.5円)
<7733> オリンパス 15.07ドル 1613円 (-15円)
<7741> HOYA 90.39ドル 9677円 (-1円)
<7751> キヤノン 20.01ドル 2142円 (-8.5円)
<7974> 任天堂 52.39ドル 44871円 (-139円)
<8001> 伊藤忠 40.8ドル 2184円 (4円)
<8002> 丸紅 43.7ドル 468円 (3円)
<8031> 三井物 286.95ドル 1536円 (2円)
<8053> 住友商 11.45ドル 1226円 (-4.5円)
<8058> 三菱商 43.18ドル 2311円 (-11円)
<8267> イオン 20.7ドル 2216円 (5.5円)
<8306> 三菱UFJ 3.81ドル 408円 (4.1円)
<8309> 三井トラスト 2.71ドル 2901円 (-46.5円)
<8316> 三井住友 5.09ドル 2725円 (15.5円)
<8411> みずほFG 2.25ドル 120円 (-0.2円)
<8591> オリックス 57.85ドル 1239円 (-2.5円)
<8604> 野村HD 3.73ドル 399円 (-6.5円)
<8766> 東京海上HD 41.35ドル 4427円 (5円)
<8802> 菱地所 14.72ドル 1576円 (-4円)
<9202> ANA 4.25ドル 2275円 (-39円)
<9432> NTT 22.18ドル 2375円 (18.5円)
<9735> セコム 20.79ドル 8903円 (-51円)
<9983> ファーストリテイ 47.53ドル 50886円 (-164円)
<9984> ソフトバンクG 21.16ドル 4531円 (-43円)




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »