株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マーケットE---3Qは2ケタ増収増益、売上高・営業利益は過去最高を更新  5月18日18時45分

マーケットエンタープライズ<3135>は15日、2020年6月期第3四半期(19年7月-20年3月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比31.4%増の78.85億円、営業利益が同55.2%増の4.43億円、経常利益が同56.3%増の4.43億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同81.9%増の2.46億円となった。

ネット型リユース事業の売上高は前年同期比13.0%増の52.29億円、セグメント利益は5.32億円となった。第3四半期においては、転居等に伴う商品の買い替えニーズが高まる事業環境を背景に、コロナ環境下でも前年を上回る買取依頼件数を獲得し、リユース商品の買取・販売ともに順調に推移した。また、消費者と全国のリユースショップのマッチングプラットフォーム「おいくら」では、マッチング率向上を図ることを目的に、システム開発・検証を繰り返し、送客数の拡充に努めた。このほか、近年、戦略的商材として注力している農機具等の法人向け大型商材(建機・医療機器含む)についても販売高は前年同期比倍増ペースと、取り扱い規模は大きく伸張した。

メディア事業の売上高は前年同期比4.3倍の4.29億円、セグメント利益は2.85億円となった。当第3四半期累計期間においては、引き続き各メディアともユーザーに向けた有益なコンテンツの提供やユーザビリティの向上に注力した。また、2020年2月1日付で国内最大級の修理業者プラットフォーム「最安修理ドットコム」を事業譲受し、商品の修理やメンテナンスといったアフターマーケットへもサービス領域を拡充。2020年3月におけるページビュー数は6メディア合計で1,342万PVにまで増加した。また、テレワーク導入企業が増加する社会情勢を背景として、3月以降は在宅における通信環境の向上・改善に関する検索需要などが高まった結果、インターネット広告収益が堅調に推移した。

モバイル通信事業の売上高は前年同期比1.8倍の24.30億円、セグメント利益は1.88億円となった。当第3四半期累計期間においては、新規回線契約の獲得に向けた積極的なWebマーケティング活動を行いながらも、顧客の利便性向上に向けたオプションメニューの拡充や、業務プロセスの改善によるローコストオペレーション体制の構築を行ってきた。MEモバイルが提供するWi-Fiルーター「カシモWiMAX」は、顧客にとって利便性が高いサービスを提供していたことや、メディア事業とのシナジーを活かしたマーケティング活動が奏功し、多数の新規契約を獲得した。

同社では従前よりデジタルシフトに向けた取組を行っており、コロナウイルス感染症拡大がこれをさらに加速させる。ポイントは2つ、「デジタル集客」と「テレワーク」である。

「デジタル集客」では、「おいくら」による全国のリサイクルショップの集客支援と、デジタルシフトが進んでいない農機具分野の強化である。農機具分野では、足元で2社のM&Aを通じ、EC化率がわずか2%の農機具市場のデジタルシフトを加速させる。また海外輸出機能を獲得し、戦略的に販路開拓を行っている。さらに、今期よりセグメント開示を実施したメディア事業では、「巣ごもり消費」により通信・エンタメ系を中心としたPV数が増加し、この露出力拡大に伴い外部顧客からの広告出稿が増加し、デジタル集客を加速させている。

「テレワーク」への対応では、モバイル通信事業で提供するWiMAXサービスが、在宅勤務の通信環境の構築に活用されており、4月以降保有回線数を大きく伸ばしている。この傾向はしばらく続くとみている。

2020年6月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比18.0%増の100.00億円、営業利益が同32.7%増の6.00億円、経常利益が同32.2%増の6.02億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同32.5%増の2.70億円としている。第3四半期終了時点での進捗率は、売上・各段階利益ともに、前期に比べて高いものの、不透明な経済環境を考慮し、期初計画を据え置いている。




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »