株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

20000円の攻防、再度の三役好転を注視  5月18日07時55分

[本日の想定レンジ]
先週末15日は米NYダウが60.08ドル高の23685.42、ナスダック総合指数が70.84pt高の9014.56、シカゴ日経225先物が大阪日中比20円安の20020円。本日の日経平均は心理的な節目となる20000円での攻防が予想される。先週末は25日線が下値支持線となる一方、下降に転じた5日線が上値抵抗線となった。また、パラボリックが陰転して短期的な下落局面入りを示唆する一方で、日足の一目均衡表の基準線が上向いて大勢での株価上昇基調を示しており、強弱感が対立しやすい地合いにある。一目均衡表の雲上限は本日20199.53円、19日20176.78円と低下し、終値と雲上限突破による再度の三役好転形成のハードルが下がっていくことは買方の支援材料となろう。

[予想レンジ]
上限20150円−下限19850円

<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »