株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は大幅続伸、バイオや遠隔医療関連を中心に物色活発  5月18日16時15分

 本日のマザーズ指数は大幅続伸となった。米株高の流れもあり、新興・主力市場ともに買いが先行。マザーズ指数も同様に上昇して始まると、その後も終日強い値動きで5月8日高値(869.89pt)を捉え、873.14ptまで上昇して取引を終えている。なお、マザーズ指数は大幅続伸、売買代金は概算で1884.94億円。騰落数は、値上がり204銘柄、値下がり110銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、アンジェス<4563>がマザーズ売買代金トップにランクイン。第1四半期
(IFRS)の営業利益が前年同期比65.9%増の4.16億円となったGNI<2160>、20年12月期の第1四半期が大幅増収スタートとなったカイオム<4583>、そーせい<4565>などバイオ株の一角の上昇が目立った。また、メドレー<4480>、メドピア<6095>、JMDC<4483>など遠隔医療関連への物色も。21年3月期の大幅増収増益見通しが評価されたNexTone<7094>、20年12月期第1四半期の営業損益が0.28億円の赤字(前年同期は2.03億円の赤字)で着地したBASE<4477>なども大きく上昇。その他、弁護士ドットコム<6027>、PKSHA<3993>、UUUM<3990>などが買われた。一方、21年3月期の営業利益見通しが市場の想定に届かずミクシィ<2121>が売られた他、同じく決算を発表したサイバーセキュリティクラウド<4493>も下落した。その他、Aiming<3911>、フリー<4478>、Amazia<4424>
などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »