株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

村田製、TDKなど電子部品株が安い、ファーウェイ禁輸措置強化受け買い手控え◇  5月18日09時23分

 村田製作所<6981.T>、TDK<6762.T>など電子部品株が売られている。トランプ米政権が中国通信機器大手ファーウェイへの禁輸措置強化の動きをみせるなか、中国側もこれに強く反発する動きをみせている。米国株市場では米中対立が激化するとの思惑を背景に、ここアップル株が軟調な動きを見せており、有力サプライヤーである日本の電子部品メーカーにも買いを手控えさせる要因となっている。電子部品各社の業績も足もとは新型コロナウイルスの影響で向かい風が強く、海外投資家とみられる売り圧力が強い。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
cottaが反落、20年9月期業績予想を上方修正も材料出尽くし感
オープンHが続急伸、プレサンス関連会社化で20年9月期の経常利益予想を大幅上方修正◇
オーケストラHDがカイ気配スタート、1~3月期営業4割増益達成を好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »