株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=大塚商会、教育ICT需要にも期待  5月18日10時00分

 大塚商会<4768.T>に注目したい。情報サービス大手の同社の業績は好調だ。第1四半期(1〜3月)の連結経常利益は前年同期比9.3%増の164億8400万円と堅調な伸びを示した。働き方改革への対応やテレワーク関連の需要が収益に寄与した。20年12月期の同利益は前期比1.4%増の646億円と8期連続で最高益の見通し。配当も前期比5円増の年115円への増配が予想されている。

 全国の小中学生に1人1台のパソコンを配備する政府の「GIGAスクール構想」による教育ICT関連市場の拡大も追い風だ。好業績を評価し、先行き18年3月につけた最高値5450円更新から一段高が見込める。(地和)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
平山が一時S高、医療機器や食品関連など受注堅調で第3四半期営業利益2.9倍
ベガコーポが一時S高、家具販売自社サイトの販売強化で今期経常は3.4倍増益見通し
日本アビオは大幅続伸、収益力向上図り21年3月期営業益予想4.2倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »