株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2ソフトバンクグループ、三井住友フィナンシャルグループ、日本電信電話など  5月19日07時32分

銘柄名<コード>18日終値⇒前日比
関東電化工業<4047> 875 -86
1-3月期の減益幅拡大をマイナス視。

ブイキューブ<3681> 1049 -63
決算発表後は出尽くし感が優勢に。

サンドラッグ<9989> 3500 -205
連続増配のストップ懸念などで。

日本郵政<6178> 760. -76.8
今期の想定以上の大幅減益見通しを嫌気。

サニックス<4651> 278 -25
決算発表受けた先週末は長い上ヒゲ。

ダブル・スコープ<6619> 339 -17
第1四半期決算後は下値模索へ。

ビーグリー<3981> 1421 -106
第1四半期好決算も高値圏で利食い優勢に。

昭和電工<4004> 2185 -156
第1四半期は大幅経常減益に。

ソフトバンクグループ<9984> 4621 +47
自社株買いの実施を発表している。

三井住友フィナンシャルグループ<8316> 2805.5 +96
前期の増配発表など評価で相対的に堅調な動き。

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306> 407.4 +3.5
今期の純益増益見通しなどは安心感に。

TDK<6762> 8890 -550
今期業績見通しは市場予想を下回る。

太陽誘電<6976> 2893 -192
米国のファーウェイ規制強化を警戒視。

日本電信電話<9432> 2446.5 +90.0
今期の増配計画がプラスインパクトに。

キョウデン<6881> 291 +63
今期の大幅増益見通しがサプライズに。

ジーエルサイエンス<7705> 1493 +191
先週末に続き決算評価の動きへ。

日本アビオニクス<6946> 1748 +147
今期の業績変化率の高さを好材料視。

都築電気<8157> 1179 -155
今期の大幅減益・減配見通しをマイナス視。

テクノスマート<6246> 712 -112
今期の大幅減益見通しを嫌気へ。

BBSec<4398> 2231 +398
前週末は利食いが出たものの、引き続き絶好調の業績を評価する強い動き。

アイ・ピー・エス<4390> 1570+300
21年3月期の営業利益は前期比57.7%増の17億円と好調を見込む。

ベガコーポレーション<3542> 1335+300
21年3月期の営業利益は前期比の約4倍となる4.70億円。

日本エマージェンシーアシスタンス<6063> 789+100
20年12月期の第1四半期の好調な出だしを評価。

中村超硬<6166> 1104+150
21年3月期の営業損益は3億円の黒字に浮上する見通し。

NNATTY SWANKY<7674> 2398+400
第3四半期の営業利益は前期比13.9%増の2.19億円、株主優待制度の拡充も発表。

AMBITION<3300> 590-100
20年6月期予想を下方修正、営業利益は16.47億円から5.34億円に。
配当予想も大幅減。

新日本建物<8893> 389 +60
21年3月期の経常利益は前期比10.1%増の17.30億円との見通し。

ジーエヌアイグループ<2160> 1763 +300
第1四半期(IFRS)の営業利益は前年同期比65.9%増の4.16億円。

AI CROSS<4476> 1696 -74
第1四半期決算を嫌気、営業利益は前年同期比49%減の0.24億円に。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »