株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コロナ後高値、一目均衡表は再び三役好転  5月19日08時10分

[本日の想定レンジ]
週明け18日は米NYダウが911.95ドル高の24597.37、ナスダック総合指数が220.27pt高の9234.83、シカゴ日経225先物が大阪日中比430円高の20640円。本日の日経平均は急伸が予想され、5月11日に付けたコロナ暴落後の戻り高値20534.88円を上回っての推移が期待されよう。日足の一目均衡表では株価が雲上限を突破して再度の三役好転を形成するとともに、ボリンジャーバンドでは+2σ超過が予想され、地合いは買い手優勢へ一気に傾きそうだ。

[予想レンジ]
上限20700円−下限20350円

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »