株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

FRBによる何でもありの対応で金融市場の不確実性は低下するか?  5月19日13時56分

 ムニューシン米財務長官とパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、19日に上院銀行委員会の公聴会で証言を行なうが、18日に公表されたパウエルFRB議長の準備原稿によると、経済が新型コロナウイルスの感染拡大による危機を乗り越えるまで、金利をゼロ付近に維持することを表明するもようだ。パウエル議長は米議会が3月下旬に可決した新型コロナウイルス関連の経済対策が、非常に重要な役割を果たしたとの見方を示しているようだ。パウエル議長は「危機が終了したら緊急措置を解除する」との見解も表明するとみられているが、いつの時点になるのか、現時点で見極めることは難しい。

 米国を含めて主要国の4-6月期の経済成長率は、前例のないマイナス成長になる見通しだが、市場参加者の間からは、「パウエル議長が経済を支援するために全ての手段を利用することを明言すれば、金融市場の不確実性は低下する」との声が聞かれている。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »