株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日コンは後場急伸、21年3月期営業黒字転換見込み3円増配へ  5月20日14時36分

 日本コンクリート工業<5269.T>は後場急伸している。午後2時ごろに発表した21年3月期連結業績予想で、売上高480億円(前期比4.7%増)、営業利益14億円、最終利益10億5000万円と営業損益段階から黒字転換を見込み、年間配当を前期比3円増の5円を予定していることが好感されている。

 工期短縮、省力化など建設現場の生産性向上への取り組みにともなうプレキャストコンクリート製品の拡大が期待されるほか、携帯電話の通信基地局などの新たな案件に加えて、既存電柱の更新や防災・減災、国土強靱化などさまざまなインフラ整備にともなうプレキャストコンクリート製品の需要増加が期待されていることが牽引する。

 なお、20年3月期決算は、売上高458億2400万円(前の期比8.3%減)、営業損益8600万円の赤字(前の期21億3700万円の黒字)、最終損益3500万円の赤字(同14億4900万円の黒字)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 05月20日 14時
欧米(20日)の欧米経済指標=英消費者物価指数
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位にレナウン


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »