株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は続落、ファミマと京セラの2銘柄で約20円分押し下げ  5月22日17時11分

22日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり24銘柄、値下がり198銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は続落。21日の米国市場では米中対立激化への懸念から売りが広がり、NYダウは反落し101ドル安となった。一方、国内では緊急事態宣言の段階的な解除への期待が高まり、臨時の日銀金融政策決定会合を巡る思惑もあって、本日の日経平均は31円高からスタート。日銀決定会合の結果は想定内と受け止められたが、中国の全国人民代表大会(全人代)で「香港版国家安全法」が議題にあがることが伝わると香港ハンセン指数が大幅に下落し、日経平均も20334.99円(前日比217.32円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前日比164.15円安の20388.16円となった。東証1部の売買高は12億2919万株、売買代金は1兆9334億円だった。業種別では、鉱業、海運業、鉄鋼が下落率上位で、その他も全般軟調。一方、空運業、その他金融業、情報・通信業の3業種が上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の67%、対して値上がり銘柄は29%となった。

値下がり寄与トップはファミマ<8028>で1銘柄で日経平均を約11円押し下げた。同2位は京セラ<6971>となり、ファナック<6954>、信越化<4063>、テルモ<4543>、セコム<9735>、第一三共<4568>などがつづいた。

値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を約27円押し上げた。ソフトバンクGはソフトバンク<9434>株の一部売却を発表、資産売却の進展が好感された。同2位はアドバンテス<6857>となり、中外製薬<4519>、アステラス薬<4503>、塩野義<4507>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  20388.16(-164.15)

値上がり銘柄数  24(寄与度+44.98)
値下がり銘柄数 198(寄与度-209.13)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     4607          127 +27.45
<6857> アドバンテ       5260           60 +4.32
<4519> 中外薬         14005           60 +2.16
<4503> アステラス薬     1718.5           10 +1.80
<4507> 塩野義          5749           41 +1.48
<8035> 東エレク        22125           40 +1.44
<9983> ファーストリテ    53000           40 +1.44
<4151> 協和キリン       2720           29 +1.04
<6702> 富士通         10525          275 +0.99
<2413> エムスリー       4110           10 +0.86
<9009> 京成           3400           35 +0.63
<7832> バンナムHD       5768           7 +0.25
<9064> ヤマトHD         2107           7 +0.25
<9021> JR西日本         6412           57 +0.21
<9007> 小田急          2524           10 +0.18
<9202> ANA           2396.5           49 +0.18
<7270> SUBARU          2183           2 +0.07
<2432> DeNA         1436           6 +0.06
<8252> 丸井G           1717           1 +0.04
<8628> 松井証           777           1 +0.04

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8028> ファミマ         1813          -74 -10.66
<6971> 京セラ          5552         -131 -9.44
<6954> ファナック       17925         -240 -8.65
<4063> 信越化         11925         -230 -8.29
<4543> テルモ          3877          -48 -6.92
<9735> セコム          9060         -172 -6.20
<4568> 第一三共         8572         -161 -5.80
<6098> リクルートHD      3330          -42 -4.54
<7951> ヤマハ          4780         -125 -4.50
<6645> オムロン         6810         -120 -4.32
<4704> トレンド         5700         -120 -4.32
<6367> ダイキン        14800         -100 -3.60
<6762> TDK            9420         -100 -3.60
<2801> キッコーマン      5060         -100 -3.60
<4324> 電通G           2250          -85 -3.06
<4578> 大塚HD          4200          -80 -2.88
<3382> 7&iHD           3471          -74 -2.67
<7203> トヨタ          6289          -73 -2.63
<7733> オリンパス       1690          -18 -2.59
<4523> エーザイ         7591          -71 -2.56



<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »