株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ブレクスルーの20年3月期業績は計画下振れで着地  5月22日16時11分

 ビジネス・ブレークスルー<2464.T>がこの日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、売上高が56億1600万円から56億円(前の期比4.5%増)へ、営業利益が2億8400万円から1億5900万円(同65.3%減)へ、純利益が1億4200万円から4300万円(同82.0%減)へ下振れて着地したようだと発表した。

 受注済みの法人研修のうち、集合研修を含む案件で2月以降、開催の延期や縮小、キャンセルなどが発生しことが要因。また、1~5歳を対象に通学を伴う認可外保育園であるバイリンガル・プリスクールが2月以降、政府の緊急事態宣言に伴う全国学校閉鎖の要請に応じて規模を大幅に縮小した運営としていることも響いたとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
22日韓国・KOSPI=終値1970.13(-28.18)
スペースVHの20年3月期業績は計画を下回って着地
東京株式(大引け)=164円安と続落、米中対立への警戒感が膨らむ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »