株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均テクニカル:3日ぶり急反発、陽の丸坊主もRSIは過熱感薄い  5月25日18時15分

25日の日経平均は3営業日ぶりに急反発した。高値引けして5月21日ザラ場に付けたコロナ暴落後最高値20734.91円を上回った。ローソク足は陽の丸坊主を示現したほか終値は5日線上に復帰し、ともに強い買い圧力を窺わせた。ボリンジャーバンドでは+1σと+2σで形成するレンジ内で推移し、買い手優勢地合いの継続を示唆。本日終値の25日線との上方乖離率は4.00%、RSI(14日ベース)は64.20%と、いずれも買われ過ぎを示す5%、80%ラインを下回っており、過熱感は薄い。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »