株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

博報堂DY---急伸、前期業績下振れや4月の低調スタートも想定線との見方に  5月25日14時31分

博報堂DY<2433>は急伸。先週末に20年3月期決算を発表、営業利益は551億円で前期比15.6%減益となった。従来予想の580億円は下回ったが、想定の範囲内と捉えられている。21年3月期業績計画は非開示。広告主要子会社3社の4月月次売上高は前年同月比20.2%減と低調なスタートになっているが、こちらも織り込み済みの水準とみられる。
収益性重視の成果などもみられ、株価の出遅れ感が強かったなかで、サプライズ乏しい決算があく抜け材料に。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »