株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

緊急事態宣言を全面解除によるリスク選好の流れに  5月25日12時18分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20682.78;+294.62TOPIX;1496.32;+18.52

[後場の投資戦略]

 政府が緊急事態宣言を全面解除することによる経済活動の再開への期待が高まる格好となり、インデックス主導ではあるが、空運、不動産など新型コロナの影響から大きく打撃を受けていたセクターを中心に買い戻しの流れが強まっている。これにより日経平均は狭いレンジでの取引ではあるが、5日線を上回っての強含みの展開が続いており、センチメントが改善されてきている。

 海外勢のフローは限られるため、積極的な上値追いは限られるとみられ、後場も強含みでの推移ながらも、狭いレンジでのこう着が続きそうである。香港市場が不安定であり、オーバーナイトのポジションも取りづらいため、引けにかけては利益確定の動きも意識されてくる。とはいえ、緊急事態宣言を全面解除することによって、リスク選好の流れにも向かいやすく、押し目拾いの流れが広がりを見せてくることが期待される。


<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »