株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は年初来高値更新、アンジェス中心に主力は全般堅調  5月25日16時09分

 本日のマザーズ指数は反発し年初来高値を更新。経済活動再開への期待を背景に主力市場同様、上昇してスタートしたマザーズ指数は、寄り付き後も上げ幅を拡大。その後一時弱含む場面もあったものの、結局960.89ptをつけ年初来高値を更新する展開に。主力処も全般堅調だったこともあり、終日今日の高値圏での値動きとなった。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で2247.15億円。騰落数は、値上がり259銘柄、値下がり56銘柄、変わらず5銘柄となった。
 個別では、アンジェス<4563>がマザーズ売買代金トップにランクイン。新型コロナウイルス向けDNAワクチンの大阪大学との共同開発において、3月26日から行っている非臨床試験での動物へのワクチン投与で、抗体価上昇が確認できたことを公表し関心を集めた。20年12月期の営業利益は前期比53%増の2.90億円と大幅増益を計画しているALBERT<3906>も大幅高。TKP<3479>、ミクリード<7687>など経済活動再開を見据えた銘柄にも物色が見られた。その他、FRONTEO<2158>、GNI<2160>、メルカリ<4385>、マクアケ<4479>、HENNGE<4475>、クラウドW<3900>などが買われた。一方、OTS<4564>
を筆頭にNexTone<7094>、Aiming<3911>、BASE<4477>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »