株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興株25日 ジャスダック7日続伸、売買高2年10カ月ぶり高水準 マザーズも反発  5月25日15時46分

 25日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は7日続伸した。終値は前週末比38円86銭(1.17%)高い3363円22銭と3月5日以来の高値水準だった。国内各都道府県の緊急事態宣言が全面的に解除される見通しとなり、経済活動再開期待から個人投資家の心理が一段と上向いた。新興市場の主力銘柄を中心に幅広い銘柄が買われた。

 ジャスダック市場の売買代金は概算で722億円。売買高は3億1351万株で、2017年7月以来の高水準となった。チエルやマクドナルド、ハーモニックが買われた。半面、テラやリプロセル、NITTOKUは売られた。

 東証マザーズ指数は反発した。終値は前週末比32.42ポイント(3.5%)高い959.13と2019年3月以来の水準となった。メルカリやアンジェス、フリーが上昇した。一方、JMDCやミクシィ、パークシャは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »