株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

フジッコが3日ぶり反発、国内有力証券は新規「B+」でカバレッジ開始  5月25日13時30分

 フジッコ<2908.T>が3日ぶりに反発。岩井コスモ証券は22日、同社株の投資判断を新規「B+」でカバレッジを開始した。目標株価は2200円とした。同社は、昆布・豆製品でトップシェアの加工食品会社で近年はヨーグルトが伸長している。20年3月期は11期連続で増収を達成したが、人件費や外注費の増加で連結営業利益は2期連続の減益となった。ただ、21年3月期は総菜やヨーグルト製品の拡販で同利益は前期比5%増の47億円と増益が予想されており、同証券では48億円への上振れを見込んでいる。新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに中食市場は拡大傾向にあることも追い風となる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
宇野鉄は後場急騰、20年3月期業績は計画上振れで着地
指月電が後場急伸、20年3月期は6%営業増益
エムスリー続伸、ソニーやドコモと医療機関向けICT活用で協業検討開始◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »