株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

リーダー電子が急反落、21年3月期95%営業減益  5月25日13時39分

 リーダー電子<6867.T>が急反落している。22日の取引終了後に発表した21年3月期連結業績予想について、売上高33億円(前期比18.1%減)、営業利益2000万円(同95.4%減)、純利益5500万円(同86.1%減)の大幅減益を見込んでいることが嫌気されている。

 国内放送局のフルハイビジョン関連設備の更新需要に加え、4K放送への設備投資の再継続、8K放送への設備投資の回復が見込まれるほか、海外では欧州・中国で4K映像フォーマット対応関連設備の需要及び映像信号のIP化への関連設備需要が期待されるものの、世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響が不透明であることから保守的な前提としたという。

 なお、20年3月期連結業績は、売上高40億2800万円(前の期比17.5%増)、営業利益4億3600万円(同34.6%増)、最終利益3億9500万円(同27.1%増)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 05月25日 13時
フジッコが3日ぶり反発、国内有力証券は新規「B+」でカバレッジ開始
宇野鉄は後場急騰、20年3月期業績は計画上振れで着地


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »