株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本サードの21年3月期は8%営業減益見込む  5月25日15時40分

 日本サード・パーティ<2488.T>がこの日の取引終了後、21年3月期連結業績予想を発表しており、売上高64億3500万円(前期比3.0%増)、営業利益4億3300万円(同8.1%減)、純利益2億6000万円(同15.9%減)を見込む。

 特に第1四半期に新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けるとみており、なかでICTソリューション事業で新規の設計・構築などプロジェクト型の業務が、ユーザ企業の事情により凍結・延期となることが予想されるほか、サービス提供先の多くが病院や研究施設であるライフサイエンスサービス事業で、訪問が難しくなっていることなどが業績に響く見通し。

 なお、20年3月期決算は、売上高62億4500万円(前の期比14.1%増)、営業利益4億7000万円(同97.5%増)、純利益3億900万円(同2.0倍)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
外為サマリー:107円70銭前後で一進一退、日経平均上昇も上値重い
<個人投資家の予想> 05月25日 15時
明日の主なマーケットイベント


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »