株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東武住販が20年5月期業績予想を下方修正  5月25日16時28分

 東武住販<3297.T>がこの日の取引終了後、20年5月期の連結業績予想について、売上高を75億2000万円から68億5000万円(前期比3.9%減)へ、営業利益を6億6000万円から3億6000万円(同38.8%減)へ、純利益を4億5000万円から2億4000万円(同41.7%減)へ下方修正した。

 期初に自社不動産の販売用在庫の品ぞろえが少なく、顧客からの反響が低水準だったことに加えて、営業エリアで人手不足が改善されていないことが要因。また、4月7日に発令された緊急事態宣言により、一部地域で住宅購入者のローンの審査が長引いていることや登記の変更に時間がかかっていること、外出自粛で住宅の内見が減少していることなども影響するという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
午後:債券サマリー 先物は反落、日経平均の上昇が影響
ヤマックスが6月30日を基準日に1株を5株に株式分割
ダイトウボウの20年3月期決算は24%営業増益で着地


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »