株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は186円高でスタート、JALやANAが堅調  5月26日10時01分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20927.96;+186.31TOPIX;1513.49;+11.29

[寄り付き概況]

 26日の日経平均は前日比186.31円高の20927.96円と大幅に続伸で取引を開始した。25日の米国市場はメモリアルデーの祝日。日経225先物は大阪夜間取引で日中比150円高の20970円。円相場は1ドル107円70銭台で推移している。政府による緊急事態宣言の全面解除が決定されたほか追加の経済対策を背景に本日の日経平均は大幅に続伸で寄り付く形となった。景気指標の改善でドイツやフランスなどの欧州株が上伸したこともマインド改善に繋がっているようだ。とりわけ航空やレジャーといったこれまで売られていた銘柄の買い戻しが目立っている。その後も200円超の上げ幅に拡大する展開となっている。

 業種別では、パルプ・紙を除き、空運業、不動産業、陸運業、海運業、輸送用機器、繊維製品、ガラス・土石製品などを筆頭にほぼ全業種がプラスで推移している。
売買代金上位では、JAL<9201>、ANAホールディングス<9202>、H.I.S.<9603>、JR西<9021>などがプラスで推移。一方、富士フイルム<4901>、ソフトバンク<9434>、HOYA<7741>などがマイナスで推移している。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »