株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=チャットW、テレワーク利用拡大で登録ID増加中  5月27日10時02分

 Chatwork<4448.T>は業績拡大基調を背景に2000円台を目指す展開が期待できそうだ。

 同社は、ビジネスチャットツール「Chatwork」事業を主力に、ESET社提供のセキュリティー対策ソフトウェア「ESET」の代理店販売を行うセキュリティー事業などを展開。5月15日に発表した第1四半期(1~3月)単独決算は、営業利益が前年同期比3.9倍の8500万円だった。課金IDの増加でChatwork事業が順調に拡大したほか、セキュリティー事業も堅調に推移した。システム原価を資産計上したことで、売上総利益が大幅増加したことも寄与した。

 足もとでは、新型コロナウイルスの感染拡大によるテレワーク需要の拡大を受けて、4月の登録ID純増数が1月時点に比べて2.2倍に拡大した。この純増数の増加は下期以降の業績に貢献する見通しで、未定としている20年12月期業績は高成長が期待できる。また、今回の新型コロナを奇貨として、テレワークの普及は加速するとみられ、特に21年12月期は東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴うテレワークの利用拡大が予想される。これに伴い、同社の登録IDは一段と増加する見通しで、業績拡大基調が継続しよう。(温羅) 

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東エレク、レーザーテックなど半導体関連は売り優勢、米ハイテク株上昇一服で利食い誘発◇
フジックスが反落、20年3月期業績は最終損益が赤字に下振れ
サイボウズは上値追い、4月売上高は18%増と2ケタ成長続く


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »