株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本ドライが急反騰、防災設備需要の拡大で20年3月期経常は4期ぶり最高益を達成  5月28日09時29分

 日本ドライケミカル<1909.T>が急反騰している。27日取引終了後に発表した20年3月期の連結経常利益が前の期比39.2%増の24億2100万円に拡大し、4期ぶりに過去最高益を更新したことが好材料視されている。

 防災設備事業で都市再開発やリニューアルなどの大型案件の工事が進んだうえ、プラント施設の工事案件も増加した。また、メンテナンス事業では改修・補修工事案件の引き合いが継続したほか、車輌事業で電力会社向け特殊車輌を納入しており、これらも業績拡大につながった。21年3月期の業績見通しは開示しなかったが、新型コロナウイルスの影響が懸念されるなか、防災・減災を目的とした公共事業や都市部の大規模再開発などによる需要拡大の継続への期待は大きい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アップバンク大幅高、「SWAMP」運営の3bitterを子会社化へ
SRAHDが大幅続伸、20年3月期営業利益は計画上振れで着地
アゼアスが一時S高、防護服需要増で20年4月期業績は計画上振れ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »