株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 電通グループ、大塚HD、三菱自など  5月29日07時15分

銘柄名<コード>28日終値⇒前日比
ITbookHD<1447> 451 -2
環境IoTデータと気象予報データを融合した新防災サービスの提供を開始と。

東レ<3402> 550.8 -3.8
前期最終は計画下振れ、今期配当は7円減額へ。

土木管理総合試験所<6171> 385 +12
ROAD-S技術サービスの本格導入開始を発表。

テラ<2191> 1073 +150
メキシコで行っている新型コロナに対する幹細胞治療臨床研究で症状改善と。

大塚HD<4578> 4669 +279
第1四半期営業利益は73%増。

DLE<3686> 188+50
M&Aやファンドの設立などを相次ぎ発表。

enish<3667> 620 +100
「五等分の花嫁」初のゲームアプリ制作発表を引き続き材料視。

日本エンタープライズ<4829> 277 +33
オンライン診療普及支援サービスに期待。

電通グループ<4324> 2993 +422
第1四半期の大幅増益決算を高評価へ。

VTホールディングス<7593> 349 +36
自社株買いや株主優待制度の拡充を評価。

ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス<4433> 1117 +99
インバウンド関連の一角として経済活動再開に向けた動き材料視。

リテールパートナーズ<8167> 1566 -54
高値もみ合い上放れで買い戻し続く格好に。

マツダ<7261> 745 +60
自動車株高の流れの中で買い戻しが優勢。

東邦チタニウム<5727> 714 +45
鉄鋼大手などと同様にショートカバー優勢か。

アルテック<9972> 236 +12
3Dプリンター関連の低位株として関心向かう。

日産自動車<7201> 449.4 +33.9
ルノー・三菱自動車との協力体制を発表。

ダブル・スコープ<6619> 472 +30
買い戻しなど需給要因が中心とみられる。

日本製鉄<5401> 1068.5 +58.0
大手鉄鋼株では足元でショートカバーが活発化も。

ジェイ エフ イー ホールディングス<5411> 833 +44
日本製鉄と同様に買い戻しの動きが主導か。

三菱自<7211> 334 +20
ルノーや日産との協力体制発表を好材料視。

トプコン<7732> 945 +51
出遅れ感の強さから買い戻しの動き強まる形か。

東海東京フィナンシャル・ホールディングス<8616> 260 +10
全般的な金融関連株高で買い戻しか。

コニカミノルタ<4902> 429 +20
相対的な株価の出遅れ感の強さを意識も。

IHI<7013> 1635 +39
3万人を対象とした一時帰休を発表も。

レイズネクスト<6379> 1258 -77
今期の減益・減配見通しをマイナス視。

ライク<2462> 1600 -144
権利落ちによる手仕舞い売りが優勢か。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »