株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は5日ぶり小幅反落、東エレクが1銘柄で約21円分押し下げ  5月29日16時56分

29日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり45銘柄、値下がり176銘柄、変わらず4銘柄となった。

日経平均は5日ぶり小幅反落。28日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反落し、147ドル安となった。中国が「香港国家安全法」の制定方針を採択したことを受け、トランプ大統領が中国に関する会見を29日に開くと発表すると、米中関係の悪化懸念が広がった。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで108円安からスタートすると、利益確定の売りも出て前場に一時21710.80円(前日比205.51円安)まで下落。ただ、値がさ株の一角や医薬品株などに買いが入り、後場の日経平均は一時プラス圏に浮上するなど底堅く推移した。

大引けの日経平均は前日比38.42円安の21877.89円となった。東証1部の売買高は23億8386万株、売買代金は4兆6423億円と3月19日以来の大きさ。引けにかけて米MSCIの株価指数に絡んだリバランス需要が発生した。業種別では、鉄鋼、海運業、空運業が下落率上位だった。一方、医薬品、精密機器、情報・通信業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の66%、対して値上がり銘柄は31%となった。

値下がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を約21円押し下げた。同2位はファナック<6954>となり、リクルートHD<6098>、資生堂<4911>、ホンダ<7267>などがつづいた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは前日の引け後に決算を発表した日産自<7201>で10.79%安となった。

一方、値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約51円押し上げた。同2位は中外製薬<4519>となり、第一三共<4568>、エーザイ<4523>、テルモ<4543>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  21877.89(-38.42)

値上がり銘柄数  45(寄与度+207.19)
値下がり銘柄数 176(寄与度-245.61)
変わらず銘柄数  4

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    60530         1420 +51.15
<4519> 中外薬         15890          865 +31.16
<4568> 第一三共        10085          792 +28.53
<4523> エーザイ         8438          388 +13.98
<4543> テルモ          4230           84 +12.10
<4507> 塩野義          6361          285 +10.27
<2413> エムスリー       4340          100 +8.65
<4503> アステラス薬     1914.5           40 +7.20
<4578> 大塚HD          4864          195 +7.02
<8028> ファミマ         2019           26 +3.75
<4021> 日産化学         4755           95 +3.42
<7733> オリンパス      1871.5           21 +3.03
<9735> セコム          9334           79 +2.85
<2871> ニチレイ         3035          155 +2.79
<2801> キッコーマン      5420           70 +2.52
<9064> ヤマトHD         2384           61 +2.20
<7911> 凸版印          1843          102 +1.84
<7951> ヤマハ          5240           40 +1.44
<4151> 協和キリン       2922           37 +1.33
<1928> 積水ハウス      2052.5           34 +1.22

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        21500         -585 -21.07
<6954> ファナック       19215         -545 -19.63
<6098> リクルートHD      3710         -139 -15.02
<4911> 資生堂          6570         -267 -9.62
<7267> ホンダ          2784         -114 -8.21
<7203> トヨタ          6755         -218 -7.85
<6971> 京セラ          5831         -107 -7.71
<6645> オムロン         7140         -180 -6.48
<7269> スズキ          3746         -178 -6.41
<4452> 花王           8647         -159 -5.73
<7751> キヤノン         2219          -90 -4.86
<4063> 信越化         12620         -110 -3.96
<4324> 電通G           2885         -108 -3.89
<9613> NTTデータ        1245          -21 -3.78
<7731> ニコン           990          -99 -3.57
<4901> 富士フイルム      4981          -91 -3.28
<9433> KDDI           3136          -15 -3.24
<6506> 安川電          3870          -85 -3.06
<6367> ダイキン        15850          -85 -3.06
<3382> 7&iHD           3687          -83 -2.99



<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »