株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「脱プラスチック」が20位にランク、レジ袋有料化を控え注目高まる<注目テーマ>  5月29日12時21分

★人気テーマ・ベスト10
1 デジタルトランスフォーメーション 
2 テレワーク 
3 5G 
4 人工知能 
5 バイオテクノロジー関連 
6 旅行 
7 コロナウイルス 
8 教育ICT 
9 半導体 
10 遠隔医療 

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「脱プラスチック」が20位となっている。

 レジ袋の有料化スタートが迫ってきた。海洋プラスチックごみ問題などの解決が求められるなか、プラスチック利用の抑制を目指して7月1日からスタートするもので、これを機に、株式市場でも改めてプラスチック削減に向けた動きに関心が高まっていることが、テーマへの注目度を高めている。また、新型コロナの感染拡大による外出自粛要請で、企業からの廃プラスチック量は減少しているとみられるが、デリバリーや持ち帰り弁当の需要が拡大しており、こういった容器に使用された廃プラスチックの量が増加するという新たな問題が発生していることも、この傾向に拍車をかけているようだ。

 この日の関連銘柄の動きでは、凸版印刷<7911.T>と生分解性プラスチックのレジ袋などを共同開発したGSIクレオス<8101.T>やエコバッグなどの企画・製造・販売を手掛けるトランザクション<7818.T>が堅調な動きとなっているほか、買い物用紙袋を手掛けるスーパーバッグ<3945.T>やザ・パック<3950.T>も高い。このほか生分解性プラスチックに関連してカネカ<4118.T>や三菱ケミカルホールディングス<4188.T>、ユニチカ<3103.T>などにも注目したい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位に凸版印刷
凸版は一時13%高、収益性向上で20年3月期業績は営業利益が計画上振れ
凸版の20年3月期業績は営業利益が計画上振れで着地


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »