株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

シノケンGが後場上げ幅を拡大、新事業として放課後等デイサービスを開始  5月29日13時01分

 シノケングループ<8909.T>が後場上げ幅を拡大している。この日正午ごろ、ライフケア事業の新事業として放課後等デイサービス「キッズライフ」を開始したと発表しており、これが好材料視されている。

 放課後等デイサービスは、障害を持つ小学生から高校生を主な対象に、授業の終了後または休日に、生活能力の向上のために必要な訓練や社会との交流促進の場を提供するというもの。グループのライフケア事業を統括するシノケンウェルネス傘下のアップルケアが新事業としてスタートさせ、6月1日に福岡に「キッズライフ東福岡」を開設するという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アイビーシーが大幅続落、上期業績が計画を下回って着地
コナカが後場急落、上期業績は計画下振れし最終赤字で着地
レーザーテクや神戸物産が高い、きょう引けにかけMSCIのリバランス需要も


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »