株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=井村屋G、21年3月期営業利益倍増見込みで上値期待  5月29日10時00分

 井村屋グループ<2209.T>に注目したい。足もと年初来高値圏に浮上しているが、中期的には依然として上値期待があり、25日移動平均線を足場に追撃買いで対処したい。

 同社は肉まん・あんまん大手で、あずきバーなどの冷菓や調味料にも力を入れている。20年3月期は暖冬により肉まんが苦戦、コスト面で主原料のあずき価格が高騰したこともあって大幅減益を強いられた。しかし、21年3月期営業利益は前期比2.3倍の8億1000万円と急回復を見込んでいる。既存市場での販路拡大をするとともに、「健康性・機能性」をテーマにした新商品を投入することで業容拡大を図る。更に、マレーシアのアイスクリーム市場に進出、今後成長が見込まれるASEAN市場進出の足掛かりとする構え。

 あずき市況については19年6月を境にピークアウトし、足もとでは急騰前の水準まで戻っていることも今期の業績を後押しする背景となる。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<05月28日の年初来高値更新銘柄> 05月29日
フィンテックが堅調、「ムーミンバレーパーク」を6月4日から営業再開
JMCは15%の大幅高、「樹脂3DプリンターAMサービス」の提供を材料視


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »