株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ショートカバー一巡後は22000円を挟んだこう着に【クロージング】  6月01日16時09分

1日の日経平均は反発。184.50円高の22062.39円(出来高概算12億株)で取引を終えた。米国では白人警官の暴行による黒人死亡事件で抗議活動が拡大していると伝えられる中、朝方は小幅に上昇して始まった。しかし、市場の関心が集まっていたトランプ大統領の会見が先週末に行われ、警戒されていた中国高官を対象とした制裁や旅券発行制限に関する言及がなく、米中貿易協定は続行する見通しとなったことが好材料視される格好となり、寄り付き直後から強い値動きをみせた。

弱く始まっていたNYダウ先物がプラスに転じたほか、香港ハンセン指数が強い動きを見せる中、前引けにかけて一時22161.39円と上げ幅を広げている。しかし、急ピッチの上昇に対する警戒感も意識されており、後場はこう着感の強い相場展開から、日経平均は22000円を挟んでの狭いレンジ取引が続いた。東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1000を超えており、若干ながら値下がり数が過半数を占めている。

セクターでは証券、電力ガス、情報通信、金属製品、その他製品、電気機器、海運が堅調。半面、医薬品、保険、ゴム製品、銀行、鉱業、非鉄金属、陸運が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>が日経平均をけん引。一方で、第一三共<4568>が弱い値動きだった。

トランプ大統領の会見内容が警戒していたほどネガティブな内容ではなかったことから、ショートカバーの流れが強まった。ハンセン指数が3%を超える上昇をみせていたことも、買い戻しを急がせる格好だったようだ。ただし、後場はこう着となったほか、インデックス売買によって指数インパクトの大きいファーストリテなどが日経平均をけん引している状況であり、東証1部全体としては若干ながら値下がり数が上回っていた。

また、強い値動きではあったが、出来高、売買代金いずれも先週末からほぼ半減となり、真空地帯のところを上昇していた格好だろう。明日以降も22000円処での商いを消化していく流れになりそうだ。



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »