株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅反発、ファーストリテとソフトバンクGの2銘柄で約100円押し上げ  6月01日12時46分

6月1日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり139銘柄、値下がり79銘柄、変わらず7銘柄となった。

日経平均は大幅反発。257.86円高の22135.75円(出来高概算5億9089万株)で前場の取引を終えている。前週末5月29日の米株式市場ではNYダウが17.53ドル安となった一方、ナスダック総合指数は120.88ポイント高と高安まちまち。トランプ大統領の対中方針に関する会見時間が発表されると、警戒感から一時下げ幅を拡大したが、警戒されていた中国高官を対象とした制裁や旅券発行制限に関する言及がなく、また、米中第1段階貿易協定は続行する見通しとなり、安心感から引けにかけてはNYダウは下げ幅を縮小して取引を終えた。前場の日経平均は懸念材料だったトランプ米大統領の会見が無難に終わった安心感から買いが先行し、そのまま上げ幅を拡げた。結局、22000円の節目を軽々超え、本日の高値圏で前場の取引を終えている。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で日経平均を約100円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは洋缶HD<5901>で7.33%高、同2位は東邦亜鉛<5707>で6.61%高だった。洋缶HDは、アルコール飲料向けのアルミ缶の需要拡大にともなう生産能力増強について発表している。東邦亜鉛は、21年3月期の見通しを評価する動きに。

一方、値下がり寄与トップは第一三共<4568>、同2位は塩野義<4507>となり、2銘柄で日経平均を約22円押し下げた。第一三共は、DS-1062に関する一部外資系証券のコメントなどが利食いのきっかけになっているようだ。また、日経平均構成銘柄の下落率トップも第一三共で4.85%安、同2位は三井金属<5706>で2.89%安だった。三井金属は、21年3月期の経常利益は10億円で前期比89.3%との大幅減益見通し。新型コロナの影響を除けば、市場想定線とも捉えられるが、ひとまず減益率の大きさをネガティブ視する動きに。


*11:30現在

日経平均株価  22135.75(+257.86)

値上がり銘柄数 139(寄与度+314.46)
値下がり銘柄数  79(寄与度-56.60)
変わらず銘柄数  7

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    62200    1670 +60.16
<9984> ソフトバンクG     5018     186 +40.20
<8035> 東エレク        22370     870 +31.34
<6857> アドバンテ       5660     340 +24.50
<6762> TDK           10400     320 +11.53
<4452> 花王           8950     303 +10.91
<6971> 京セラ          5948     117 +8.43
<9433> KDDI           3174     38 +8.21
<4911> 資生堂          6796     226 +8.14
<4503> アステラス薬      1954    39.5 +7.11
<6098> リクルートHD      3775     65 +7.02
<6954> ファナック       19395     180 +6.48
<6367> ダイキン        16000     150 +5.40
<7733> オリンパス       1905    33.5 +4.83
<9613> NTTデータ        1265     20 +3.60
<6976> 太陽誘電         3085     85 +3.06
<5901> 洋缶HD          1230     84 +3.03
<6645> オムロン         7220     80 +2.88
<6988> 日東電          5900     70 +2.52
<4063> 信越化         12690     70 +2.52

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<4568> 第一三共         9596    -489 -17.62
<4507> 塩野義          6234    -127 -4.57
<4578> 大塚HD          4754    -110 -3.96
<8028> ファミマ         2000     -19 -2.74
<2801> キッコーマン      5350     -70 -2.52
<4502> 武田           4122     -69 -2.49
<4151> 協和キリン       2862     -60 -2.16
<9064> ヤマトHD         2344     -40 -1.44
<8252> 丸井G           1917     -26 -0.94
<9007> 小田急          2638     -51 -0.92
<9766> コナミHD         3760     -25 -0.90
<5108> ブリヂストン      3552     -25 -0.90
<1963> 日揮HD          1134     -25 -0.90
<8058> 三菱商         2491.5   -23.5 -0.85
<1928> 積水ハウス       2030   -22.5 -0.81
<9022> JR東海         18235    -200 -0.72
<6113> アマダHD         944     -17 -0.61
<8053> 住友商         1281.5   -16.5 -0.59
<9021> JR西日本         6792    -159 -0.57
<5713> 住友鉱          2970     -31 -0.56



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »