株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

6月1日のNY為替概況  6月02日03時35分

  1日のニューヨーク外為市場でドル・円は107円75銭まで上昇後、107円53銭まで弱含み引けた。米5月ISM製造業景況指数が予想を下回りドル売りが優勢となった。




ユーロ・ドルは1.1101ドルから1.1140ドルまで上昇して引けた。

ユーロ・円は119円55銭へ弱含んだのち119円90銭まで上昇。


ポンド・ドルは1.2384ドルから1.2488ドルまで上昇。英国と欧州連合(EU)の貿易交渉への懸念が緩和したことがポンド買いに繋がった。


ドル・スイスは0.9603フランから0.9625フランの狭いレンジでもみ合った。


    [経済指標]・米・5月製造業PMI改定値:39.8(予想40、速報値:39.8)・米・5月ISM製造業景況指数:43.1(予想:43.8、4月:41.5)・米・4月建設支出:前月比‐2.9%(予想:-7.0%、3月:0←+0.9%)

<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »