株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

1日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は91ドル高と3日ぶり反発  6月02日08時12分

 1日の米株式市場では、NYダウが前週末比91.91ドル高の2万5475.02ドルと3日ぶりに反発した。

 米国の経済活動再開に伴う景気回復期待を背景にNYダウ、ナスダックともに上昇した。ただ、大規模デモの影響や米中対立への懸念はくすぶり相場の上値を抑える要因となった。アップルやアマゾン・ドット・コム、フェイスブックといった主力IT関連株が高く、ボーイングやエクソン・モービルが値を上げた。ズーム・ビデオ・コミュニケーションズやテスラが買われた。半面、ファイザーやシスコシステムズ、ベライゾン・コミュニケーションズ、ギリアド・サイエンシズが値を下げた。

 ナスダック総合株価指数は、62.176ポイント高の9552.049と続伸した。出来高概算は、ニューヨーク市場が9億393万株となった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
2日の株式相場見通し=続伸、米中対立や米国デモなど警戒し上値重いか
2日の主なマーケットイベント
◎1日のNY為替


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »