株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

みらかHDが大幅高、新型コロナウイルスの抗体検査の受託開始を材料視◇  6月02日09時11分

 みらかホールディングス<4544.T>が大幅高。5日・25日・75日移動平均線が収れんする2500円近辺のもみ合いを上放れてきた。臨床検査薬の大手で新型コロナウイルス関連の一角としてもマーケットの注目度が高い。1日取引終了後、同じく臨床検査を手掛けるビー・エム・エル<4694.T>と共同で新型コロナウイルスの抗体検査の受託を同日から開始したことを発表、これを材料視する買いを呼び込んでいる。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ワークマンが3日続伸、5月既存店売上高は32カ月連続前年上回る
サイバーセキがカイ気配スタート、6月30日を基準日に1株を4株へ分割
駅探が気配値のまま水準切り上げる、MaaS領域提携と委任状争奪で思惑◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »