株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

デルタフライが急騰、DFP-14323第2相臨床試験で病勢コントロール率100%  6月02日09時43分

 Delta-Fly Pharma<4598.T>が急騰し年初来高値を更新している。1日の取引終了後、肺がん治療薬として開発中のDFP-14323の第2相臨床試験で、登録した全症例の病態制御に関する指標である病勢コントロール率が100%になったと発表しており、これが好感されている。なお、同件に関する業績への影響はないとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
SMNは大幅高で11カ月ぶり4ケタ大台回復、ソニー系AIテクノロジー関連で人気化
<個人投資家の予想> 06月02日 09時
ブイキューブが7連騰、高収益サービス好調で20年12月期営業利益予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »