株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

SMNは大幅高で11カ月ぶり4ケタ大台回復、ソニー系AIテクノロジー関連で人気化  6月02日09時43分

 SMN<6185.T>が大幅高で5連騰と気を吐いている。株価は一時9%を超える上昇で1029円まで駆け上がり、昨年7月以来約11カ月ぶりの4ケタ大台回復となった。ソニーグループに属し高速処理技術など最先端テクノロジーを駆使したネット広告を展開、アドテクのほか人工知能(AI)活用商品も手掛ける。ここAI関連株に物色の矛先が向かうなか、同社にも人気が波及している。20年3月期は営業3%増益にとどまったが、トップラインは14%増収と2ケタ成長路線が継続している。21年3月期予想は未開示ながらAI活用商品の寄与でトップラインの伸びは継続する公算が大きい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場戦略=「スーパーシティ構想」でAI周辺に再脚光
<個人投資家の予想> 06月02日 09時
ブイキューブが7連騰、高収益サービス好調で20年12月期営業利益予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »