株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

クロスキャット急動意、マイナンバー活用に政府本腰で商機  6月02日10時09分

 クロスキャット<2307.T>が急動意、一時10%を超える上昇で1170円台まで値を飛ばした。4月中旬にマドを開けて急騰後、900円台後半から1100円のゾーンで1カ月半以上にわたりもみ合っていたが、目先ボックス上限をブレークし大勢2段上げの様相をみせている。銀行・保険など金融機関やクレジット会社向けで大規模案件を獲得、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)投資ニーズを捉えている。また、政府が改めて積極推進を図るマイナンバー活用でも商機が大きい。AIやビッグデータを活用した「スーパーシティ」構想を主眼とする改正国家戦略特区法が5月27日に成立、自動運転やキャッシュレス決済、ドローン配送などを骨子とした最先端都市構想は同社にもビジネスチャンスをもたらす。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場戦略=「スーパーシティ構想」でAI周辺に再脚光
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
<注目銘柄>=福井コン、建設ICTをテーマに上値期待膨らむ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »