株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本ハウスが3日続落、20年10月期業績及び配当予想を下方修正  6月02日10時19分

 日本ハウスホールディングス<1873.T>が3日続落している。1日の取引終了後、20年10月期の連結業績予想について、売上高を430億円から393億円(前期比19.4%減)へ、営業利益を27億円から11億7000万円(同71.2%減)へ、純利益を16億円から5億2000万円(同79.2%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 消費増税による需要の減少に加えて、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で住宅事業の受注高の減少が見込まれることに加えて、ホテル事業でリゾートホテル4館全てが臨時休業を余儀なくされたことなどが要因としている。

 また、業績予想の修正に伴い、従来は中間・期末各10円としていた配当予想を中間配当を無配として、期末配当を未定にするとあわせて発表しており、これも弱材料視されているようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日本ハウスが20年10月期業績及び配当予想を下方修正
リグアが一時S高、ケイズグループと業務提携
フジHDが3日ぶり反発、国内有力証券は「オーバーウエート」を維持


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »