株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

CRIが反発、知育・教育アプリ向けに初期費無償の導入しやすい料金体系を設定  6月04日13時43分

 CRI・ミドルウェア<3698.T>が反発している。午後1時ごろ、6月から知育・教育アプリ向けに初期費無償の導入しやすい料金体系を設定し、CRIWAREを提供すると発表しており、これが好感されている。

 対象となる知育・教育アプリ向けのプランは、サウンドミドルウェア「CRI ADX2」、高画質ムービーミドルウェア「CRI Sofdec2」、リップシンクミドルウェア「CRI ADX LipSync」の3製品。新たな料金体系の設定により、知育・教育アプリ全体のクオリティーアップを図るとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日経Dインバは売り買い交錯、高値警戒感映し売買代金は全市場で3位
<個人投資家の予想> 06月04日 13時
VIX短先物は続落、米「恐怖指数」は25.66に低下


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »