株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マナックが後場急伸、Etakの界面活性剤が新型コロナウイルスに有効  6月04日15時00分

 マナック<4364.T>は後場に急伸している。NITE(製品評価技術基盤機構)が5月29日、新型コロナウイルスに有効な界面活性剤に、「塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)」を28日付で追加したことを発表した。これを受けて同社はきょう午後1時ごろ、広島大学大学院医歯薬保健学研究院の二川浩樹教授と共同開発した固定化抗菌剤「Etak」には、「塩化ジアルキルジメチルアンモニウム」のアルキル基に、効果が持続するよう固定化成分を結合させることで、ウイルスや雑菌に対して持続的に抗菌作用を発揮すると発表しており思惑的な買いが入っているようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にみらかHD
太平洋セメが3日続伸、国内大手証券は「1」を継続
<個人投資家の予想> 06月04日 14時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »