株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

独特過ぎるスパニッシュタイム【ウェブトラベル コラム】  6月04日15時24分

初めてスペインを訪れた時、まず最初につまずき、大きなカルチャーショックを受けるのが独特な感覚を持つスパニッシュタイムではないでしょうか?
どう考えても世界の常識から大きくズレているその感覚を世界の常識だと思っているスペイン人には本当にビックリさせられます。

まず、スペイン人にとって午前とは、14時までを指し、午後は14時以降の時間を指しているということ。
14時~16時までは、ランチタイム。14時~17時までは、ランチ&シエスタ(お昼寝タイム)でお休みになるお店やオフィスがあること。
夕食は、必然的に20時~22時頃とかなり遅いこと。

バルに昼食を取りに出かけるとします。大体のバルでは、朝食、昼食、夕食を取ることができるため、朝から夜までずっと通しで営業していますが、昼食、夕食目当てにバルに行く場合、気を付けなければならないのが、キッチンのオープン時間です。

私達の感覚だと、ランチタイムは12時前後ですよね。12時頃ランチ目的でバルに行くと、ウェイターには、「キッチンがオープンするのは、13時からだからまだタパスは出せないよ~」と言われてしまいます。
キッチンで働く料理人も13時では、まだ出勤していなかったり、休憩中でいなかったりするんです。

また、夕食も同じくキッチンがオープンするのは、通常20時以降。
キッチンオープン前にバルに行ってしまうと、生ハムやチーズなどの調理を伴わないタパスは注文ができても調理されたタパスはまだ食べられなかったりします。

逆に、外国人旅行客の多い観光地などで、これらのスパニッシュタイムに関係なく営業をしているバル・レストラン、つまり12時前後には昼食が食べられる、18時前後には夕食が食べられるレストランは、食事時間が早いイギリス人やドイツ人などの外国人相手に営業しているバル・レストランだったりします。

外国人観光客向けに営業しているバル・レストランが悪いというワケではありませんが、そういったバル・レストランは質の割には割高だったりするのも事実で注意が必要です。

初めてスペインを訪れる場合は、スペインの独特な時間に関する習慣を知っておくと食事を取る時やお買い物に出かける時などに失敗することなく過ごせるのではないでしょうか。

株式会社ウェブトラベル
トラベルコンシェルジュ(スペイン在住)
坂口 悦子




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »