株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~ファナックなど全般しっかり、シカゴは大阪比35円安の22725円  6月05日08時31分

ADR(米国預託証券)の日本株はファナック<6954>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、エーザイ<4523>が冴えない他は、トヨタ<7203>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>、HOYA<7741>、富士通<6702>、TDK<6762>が堅調など、対東証比較(1ドル109.15円換算)で全般しっかり。シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円安の22725円。

米国株式相場はまちまち。ダウ平均は11.93ドル高の26281.82ドル、ナスダックは67.10ポイント安の9615.81ポイントで取引を終了した。米国の失業保険継続受給者数が予想外に増加したため雇用市場の速やかな改善期待が後退、失望感から売りが先行。その後は前日終値を挟んで終始もみ合う展開となった。

4日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円62銭まで下落後、109円20銭まで上昇して109円18銭で引けた。この日発表された失業保険継続受給者数が予想外に増加したことや、4月貿易赤字の拡大が嫌気され、ドル売りが優勢となった。ただ、その後は米国経済活動の再開期待などで米長期金利が上昇したことから、ドル買いが強まった。ユーロ・ドルは1.1220ドルから1.1362ドルまで上昇し、1.1332ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)が定例理事会でパンデミック緊急債券購入プログラム(PEPP)の規模を予想以上に拡大し、期間を延長したことが好感された。域内の景気見通しは改善し、ユーロ買いが加速した。

NY原油先物7月限は下げ渋り(NYMEX原油7月限終値:37.41 ↑0.12)。


■ADR上昇率上位銘柄(4日)
<1928> 積水ハウス 19.92ドル 2175円 (65円) +3.08%
<6113> アマダ 37ドル 1010円 (28円) +2.85%
<6770> アルプス 25.25ドル 1378円 (31円) +2.3%
<5801> 古河電 12.1ドル 2641円 (45円) +1.73%
<6952> カシオ 175ドル 1910円 (25円) +1.33%


■ADR下落率上位銘柄(4日)
<6753> シャープ 2.71ドル 1183円 (-30円) -2.47%
<8309> 三井トラスト 2.88ドル 3144円 (-77円) -2.39%
<1801> 大成建 8.8ドル 3842円 (-68円) -1.74%
<1812> 鹿島 11.46ドル 1251円 (-18円) -1.42%
<2802> 味の素 16.53ドル 1804円 (-21.5円) -1.18%


■その他ADR銘柄(4日)
<1925> 大和ハウス 25.43ドル 2776円 (-13円)
<1928> 積水ハウス 19.92ドル 2175円 (65円)
<2503> キリン 21.62ドル 2360円 (11円)
<2802> 味の素 16.53ドル 1804円 (-21.5円)
<3407> 旭化成 16.75ドル 914円 (2.4円)
<3938> LINE 49.18ドル 5368円 (-2円)
<4523> エーザイ 78.7ドル 8590円 (-43円)
<4901> 富士フイルム 45.33ドル 4948円 (-2円)
<4911> 資生堂 64.1ドル 6997円 (6円)
<5108> ブリヂストン 16.68ドル 3641円 (2円)
<5802> 住友電 12.22ドル 1334円 (-0.5円)
<6301> コマツ 20.97ドル 2289円 (11.5円)
<6503> 三菱電 26.56ドル 1450円 (4.5円)
<6586> マキタ 35.54ドル 3879円 (14円)
<6645> オムロン 68.33ドル 7458円 (-2円)
<6702> 富士通 21.63ドル 11805円 (40円)
<6723> ルネサス 2.74ドル 598円 (-4円)
<6758> ソニー 66.18ドル 7224円 (-43円)
<6762> TDK 97.9ドル 10686円 (36円)
<6902> デンソー 19.74ドル 4309円 (5円)
<6954> ファナック 17.88ドル 19516円 (-114円)
<6988> 日東電 27.86ドル 6082円 (-18円)
<7201> 日産自 7.97ドル 435円 (3.4円)
<7202> いすゞ 9.5ドル 1037円 (-2.5円)
<7203> トヨタ 128.16ドル 6994円 (20円)
<7267> ホンダ 26.93ドル 2939円 (23円)
<7270> SUBARU 11.5ドル 2510円 (-11円)
<7733> オリンパス 18.54ドル 2024円 (15円)
<7741> HOYA 95.49ドル 10423円 (58円)
<7751> キヤノン 20.97ドル 2289円 (12円)
<7974> 任天堂 52.09ドル 45485円 (245円)
<8001> 伊藤忠 43.5ドル 2374円 (5.5円)
<8002> 丸紅 49.51ドル 540円 (1.7円)
<8031> 三井物 316.96ドル 1730円 (0.5円)
<8053> 住友商 11.94ドル 1303円 (-6.5円)
<8058> 三菱商 45.86ドル 2503円 (8円)
<8267> イオン 22.66ドル 2473円 (30.5円)
<8306> 三菱UFJ 4.17ドル 455円 (4.1円)
<8309> 三井トラスト 2.88ドル 3144円 (-77円)
<8316> 三井住友 5.92ドル 3231円 (33円)
<8411> みずほFG 2.5ドル 136円 (0.4円)
<8591> オリックス 67.13ドル 1465円 (5円)
<8604> 野村HD 4.44ドル 485円 (-2.2円)
<8766> 東京海上HD 44.27ドル 4832円 (-19円)
<8802> 菱地所 16.02ドル 1749円 (2.5円)
<9202> ANA 4.81ドル 2625円 (24.5円)
<9432> NTT 22.79ドル 2488円 (-12円)
<9735> セコム 22.07ドル 9636円 (22円)
<9983> ファーストリテイ 58.14ドル 63460円 (-340円)
<9984> ソフトバンクG 23.71ドル 5176円 (1円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »