株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は6日続伸、ファーストリテとファナックの2銘柄で約68円押し上げ  6月08日17時26分

8日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり197銘柄、値下がり26銘柄、変わらず2銘柄となった。

日経平均は6日続伸。5日の米国市場ではNYダウが829ドル高と大幅に5日続伸し、2月24日以来の高値を付けた。5月雇用統計で雇用者数が予想に反して大幅に増え、経済のV字回復への期待が高まった。トランプ大統領が給与税減税など一段の景気刺激策を要請していく方針を示したことも好感された。為替相場は一時1ドル=109円台後半まで円安方向に振れ、週明けの日経平均は258円高と23000円台を回復してスタート。寄り付き後は高値警戒感から伸び悩む場面もあったが、一段の買い戻しが入り高値引けした。

大引けの日経平均は前週末比314.37円高の23178.10円となった。23000円台を回復するのは2月21日以来、およそ3カ月半ぶり。東証1部の売買高は17億0307万株、売買代金は2兆8712億円だった。業種別では、鉱業、鉄鋼、銀行業が上昇率上位で、その他も全般堅調。一方、精密機器、その他製品、医薬品の3業種が下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の73%、対して値下がり銘柄は24%となった。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はファナック<6954>となり、2銘柄で日経平均を約68円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップはアルプスアル<6770>で9.20%高、同2位は日産自<7201>で7.83%高だった。アルプスアルは、21年3月期業績ガイダンス公表による不透明感払拭の動きが前週末から継続していることに加え、一部メディアが新型コロナ対策として、同社が「画面に手を触れずに操作できる液晶パネルの開発を進め、来年の製品化を目指している」ことを伝えている。

一方、値下がり寄与トップは中外薬<4519>、同2位はテルモ<4543>となり、2銘柄で日経平均を約37円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップも中外薬で4.13%安、同2位はセコム<9735>で2.76%安だった。


*15:00現在

日経平均株価  23178.10(+314.37)

値上がり銘柄数 197(寄与度+392.77)
値下がり銘柄数  26(寄与度-78.40)
変わらず銘柄数  2

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格  前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    65030   1090 +39.27
<6954> ファナック       20755    800 +28.82
<9984> ソフトバンクG     5324    104 +22.48
<6098> リクルートHD      4002    184 +19.88
<6857> アドバンテ       6150    230 +16.57
<6762> TDK           11220    370 +13.33
<8035> 東エレク        24190    350 +12.61
<8028> ファミマ         2143     60 +8.65
<7951> ヤマハ          5720    240 +8.65
<4911> 資生堂          7156    239 +8.61
<4063> 信越化         12750    215 +7.74
<9613> NTTデータ        1333     41 +7.38
<4507> 塩野義          6472    187 +6.74
<9433> KDDI           3228     29 +6.27
<4523> エーザイ         8910    161 +5.80
<6971> 京セラ          6218     79 +5.69
<2502> アサヒ          4486    149 +5.37
<6770> アルプスアル      1602    135 +4.86
<8830> 住友不          3344    123 +4.43
<4021> 日産化学         5370    120 +4.32

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格  前日比 寄与度
<4519> 中外薬         15680   -675 -24.32
<4543> テルモ          4103    -91 -13.11
<9735> セコム          9400   -267 -9.62
<6367> ダイキン        16680   -240 -8.65
<4452> 花王           8911   -165 -5.94
<7733> オリンパス      1945.5    -32 -4.61
<9064> ヤマトHD         2338    -65 -2.34
<4151> 協和キリン       2851    -59 -2.13
<6506> 安川電          3990    -50 -1.80
<2269> 明治HD          8150   -120 -0.86
<2871> ニチレイ         2992    -48 -0.86
<6988> 日東電          6200    -20 -0.72
<1721> コムシスHD       2919    -19 -0.68
<4503> アステラス薬     1852.5   -3.5 -0.63
<4751> サイバー         5140    -70 -0.50
<2413> エムスリー       4465     -5 -0.43
<6645> オムロン         7440    -10 -0.36
<9007> 小田急          2654    -13 -0.23
<9532> 大ガス          2118    -26 -0.19
<3401> 帝人           1836    -16 -0.12




<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »